のどの診療

治療方針

可能な限りマイクロスコープにて上咽頭から喉頭まで詳細に診察し、記録された画像をモニターでお見せしながら、現在の症状や治療経過を説明をさせていただきます。

多い症状

のどが痛い

のどの痛みはのどの炎症によって起こります。のどの粘膜の炎症は急性咽頭炎、扁桃の炎症は急性扁桃炎、扁桃炎が重症化し扁桃周囲に膿がたまる扁桃周囲膿瘍、のどの奥の声帯付近の炎症による急性喉頭炎、喉頭の上にある喉頭蓋が腫れる急性喉頭蓋炎などがあります。

声がかれる

声帯の急な炎症によって起こる急性喉頭炎、炎症が長引き声帯の一部がこぶ状に腫れて起こる声帯ポリープ、声帯全体が腫れるポリープ様声帯、炎症以外の原因では喉頭がん声帯麻痺などがあります。

のどの違和感がある

慢性的な咽頭炎扁桃炎による場合や加齢による粘膜の分泌低下による場合、咽頭がん喉頭がんの初期症状の場合もあります。のど以外の原因として慢性副鼻腔炎による後鼻漏や胃酸の逆流による逆流性食道炎などが原因の場合もあります。また明らかな原因となる病変が見られない咽喉頭異常感症と呼ばれる疾患もあります。ファイバースコープにて鼻腔から喉頭まで、また場合によっては食道入口部まで詳細な診察を行います。耳鼻咽喉科のファイバースコープでは食道入口部までしか診察ができないため、症状が長引く場合や逆流性食道炎が疑われる場合は、他院(消化器科)にて上部内視鏡検査(胃カメラ)をお勧めしております。

よくある症状や疾患に対する治療概要

急性咽頭炎、急性扁桃炎

症状:発熱、のどの痛みといった症状が見られます。咽頭や扁桃の発赤が見られる場合に診断されます。白苔と呼ばれる白い膜のようなものが付着することもあります。扁桃炎が重症化すると扁桃周囲膿瘍となってしまう場合があります。

治療:軽症例やウイルス性の場合は対処療法となります。解熱鎮痛剤や消炎剤、去痰剤、漢方薬などを服用して炎症を抑えます。細菌性の場合は抗生剤服用が必要となります。特に溶連菌による扁桃炎の場合はリウマチ熱や急性糸球体腎炎などの合併症予防のため処方された日数分の抗生剤の服用が必要となります。

扁桃周囲膿瘍

症状扁桃炎が重症化し、周囲に膿が溜まってしまったものです。溜まった膿が周囲を圧迫して、口を開けた時の痛みもあります。痛みが強く食事や水も飲めなく場合もあります。

治療:抗生剤の内服ができない場合は、点滴による抗生剤の投与を行います。腫れがひどい場合は針を刺したり、切開をして膿を出す処置をすることもあります。抗生剤の投与とともに腫れを引かせるためにステロイド剤を併用する場合もあります。水も飲めないような状態の場合には、入院加療が必要となる場合もあり、その場合は連携医療機関に紹介となります。

急性喉頭炎

症状:急に生じた声のかすれやのどの違和感、のどの痛みなどの症状が見られます。

治療:消炎剤や去痰剤を服用して炎症を抑えます。声がかれている時はのどの加湿と安静が重要になります。

急性喉頭蓋炎

症状:声帯の上部にある喉頭蓋(飲み込む時に気管にものが入ることを防ぐ働きをする蓋)が炎症を起こす疾患です。のどの痛みに加えて息苦しさを伴うことがあります。腫れがひどくなると、空気の通り道が狭くなって呼吸困難を起こすことがあります。特に糖尿病などの基礎疾患がある場合は急速に悪化して呼吸困難となる場合もあり、注意が必要です。

治療:軽症例を除き、基本的に入院治療となります。特に糖尿病などの基礎疾患がある場合は軽症例でも入院治療となります。抗生剤やステロイド剤の点滴治療とともに、呼吸困難が強い場合は気道を確保することが最も重要となります。その場合気管に管を入れる処置を行うか、それも難しい場合は首を切って気道を確保する、気管切開を行う場合もあります。

よくある質問


行っております。Bスポット療法は1%塩化亜鉛溶液を経鼻的にまたは経口的に上咽頭へ塗布する治療法です。上咽頭炎が強い場合は痛みが強く、出血することもあります。炎症がある咽頭扁桃や耳管扁桃に塗布することによって、後鼻漏、鼻の奥の違和感や痛み、耳閉感などを改善します。炎症が治まってくれば痛みは和らぎますが、治療後、一時的に鼻汁が増えたり、痰に血が混じることがあります。

まず、その発熱と痛みの原因が扁桃炎によるものかどうかを確認する必要があります。そして実際に扁桃炎を1年間に4回以上繰り返す場合は、習慣性扁桃炎と診断され、摘出術の適応となります。